診療案内

消化器内科

最近の話題としては、ヘリコバクターピロリ菌の感染が挙げられ、50歳以上の世代では8割以上が感染しているとの指摘もあり、WHOでは日本人の胃癌の主要原因と言われています。そのため、ヘリコバクターピロリ菌の検査を行い除菌することがこれからの胃癌予防の一つとされています。慢性胃炎・胃潰瘍のある方はその疾患の一連の検査としてピロリ菌検査をして除菌までの流れとなり保険適応となりますが、何も症状のない方は健康診断(自費)での検査を行い、治療となっていくのが現状です。

また早期癌発見のため、内視鏡検査において特殊光による強調画像(LCI、BLI)を利用し上部内視鏡検査を行っております。

肝・胆道系疾患においては、B,C型肝炎の治療が目覚ましいものがあり現在では完治可能な疾患となってきている状態であり、地域かかりつけ医としてはまだ眠っているキャリアーを見つけることが大事と考えております。肝炎治療に目途が立ってきている中で依然として肝癌の減少が認められず最近話題となっているのは、NAFLD、NASH等の非アルコール性脂肪肝疾患(肝炎、肝硬変)です。ここでは詳細はお話できませんが、脂肪肝は立派な病気であり、ほっとけないものとなったということです。

  • 内視鏡検査室表示
  • 内視鏡機器(FUJI)
  • 内視鏡検査機器
  • レントゲン室表示
  • レントゲン機器

循環器内科

高LDL血症、糖尿病(高血糖)によるAGE‘s(終末糖化タンパク)やsd-LDL等による動脈硬化症の結果、狭心症、心筋梗塞等の心血管疾患に対して、心臓超音波検査(心エコー)、24時間心電図検査、心電図検査にて早期に発見し、MDCT検査へ繋げ、発症する前に治療することを目標としております。(治療は高度医療機関への紹介致します。)

また、胸部・腹部大動脈瘤、大動脈解離(大動脈壁の高度な石灰化の高リスク群)の早期発見にも努めております。

年齢とともに、心房細動、弁膜症が発症しご本人自体あまり気づかれていない場合もあります。健康診断で指摘された些細なことでも精査して特に弁膜症が発見されることが多くなっております。

  • 血圧計
  • 超音波検査機
  • 超音波検査機
  • 超音波検査機
  • 心電図検査機
  • 動脈硬化検査機

糖尿病内科

生活習慣病としての糖尿病は2016年の厚生労働省の人口10万人あたりの死亡率ワースト1が青森県で17人となっています。日本においては2016年で有病者は1000万人いるだろうといわれています。この病気の特徴は、痛くも痒くもない。症状が出現した時は相当進行している状態であることです。この病気の原因は、膵臓からインスリンという血糖値を下げるホルモンが低下する場合(インスリン分泌能低下)と、インスリンに反応しなくなり血糖値をうまく下げられなくなった場合(インスリン抵抗性)が主にあり、どちらかに偏って生じている場合と混在している場合があります。

そもそも膵臓からインスリンが出なくなっていると言うのは、健常人においても欧米人と比較して、インスリン分泌能を、欧米人を100として日本人の健常人であっても60~70程度であるという元々日本人が分泌能だけみても糖尿病になり易い人種であるということがあり1960~1970年から始まる高度成長期以前は、食糧難が常であり飽食の時代が始まったことで表面化した社会問題とも言えるでしょう。

糖尿病は患者様1人では中々難しく、医療スタッフ、御家族等周囲の協力が得られて治療、コントロールが可能になる病気と思っております。まず病気の本質を知り、現在の自分の生活状況を見つめて、改善点を見出し、1つずつ改善し長い目で付き合っていく病気と思って下さい。

心療内科

元々内科医として20数年やってきましたが、ある縁により3年間精神科病院で認知症患者様中心でしたが、うつ病、統合失調等の患者様を病棟、外来と診療し研修をして参りました。診療所でありますので地域に根差した相談相手になれる医療を目指したいと思います。